3.11以降

2011年3月11日東日本大震災発生以降、我々のエネルギーに関する意見や考え方が、様々な方を持つようになり、当たり前だったことが使えない若しくは使えなくなるという考えが前提になるようになった。
一番大きな要因は、原子力発電所の停止であろう。それまで、日本は多くの原子力発電所が稼動していて、次期日本のエネルギー産業のリーダーとも言われていた。
それがあの日を境に、稼動しなくなった。
電力会社は挙って、電力供給のピンチを騒ぎ煽った。そして、計画停電や電力供給率の円グラフで今どれだけの消費量かを眼ですぐわかるように発表し、停電の可能性を頻りに訴えた。
現在、火力発電所の活躍によって幸いにも停電は起きてはいないが、化石燃料に強く依存しているのは変わりは無い。

そこで、政府や民間が力を入れている分野が、地中熱・太陽光発電・バイオガスなどによる、再生可能エネルギーである。
地中熱・太陽光発電・バイオガスは、自然の力で絶えず資源が補充されて枯渇することのないエネルギーという意味からだそうだ。
石炭や石油、天然ガスはいずれ枯渇してしまうのは、3.11以前にも言われていた言葉でははあるが、原子力発電が稼動の目処が立ってない状況だと、地中熱・太陽光発電・バイオガスなどの再生可能エネルギーが安定に供給してもらわないと困る。

再生可能エネルギーにかかる期待は大きい分、今現在課題も多い。
しっかりと政府が具体的な援助や支援をして、地中熱・太陽光発電・バイオガスの更なる研究開発が出来て、今後は安定して供給でき日本のエネルギーの主役になれるように願うばかりだ。

オススメ情報

太陽光発電システムを導入するなら:熊本の太陽光発電業者ランキング
太陽光発電を千葉で検討の方はこちらのサイトが参考にできます:リバブル