太陽光発電や自然エネルギーを利用しよう│エコ生活応援隊

屋根工事

自然エネルギーを利用する

塗る

2011年3月11日東日本大震災発生以降、我々のエネルギーに関する意見や考え方が、様々な方を持つようになり、当たり前だったことが使えない若しくは使えなくなるという考えが前提になるようになった。一番大きな要因は、原子力発電所の停止であろう。それまで、日本は多くの原子力発電所が稼動していて、次期日本のエネルギー産業のリーダーとも言われていた。それがあの日を境に、稼動しなくなった。電力会社は挙って、電力供給のピンチを騒ぎ煽った。そして、計画停電や電力供給率の円グラフで今どれだけの消費量かを眼ですぐわかるように発表し、停電の可能性を頻りに訴えた。現在、火力発電所の活躍によって幸いにも停電は起きてはいないが、化石燃料に強く依存しているのは変わりは無い。そこで、政府や民間が力を入れている分野が、地中熱・太陽光発電・バイオガスなどによる、再生可能エネルギーである。地中熱・太陽光発電・バイオガスは、自然の力で絶えず資源が補充されて枯渇することのないエネルギーという意味からだそうだ。石炭や石油、天然ガスはいずれ枯渇してしまうのは、3.11以前にも言われていた言葉でははあるが、原子力発電が稼動の目処が立ってない状況だと、地中熱・太陽光発電・バイオガスなどの再生可能エネルギーが安定に供給してもらわないと困る。再生可能エネルギーにかかる期待は大きい分、今現在課題も多い。しっかりと政府が具体的な援助や支援をして、地中熱・太陽光発電・バイオガスの更なる研究開発が出来て、今後は安定して供給でき日本のエネルギーの主役になれるように願うばかりだ。

再生可能エネルギーの中の、地中熱についてみていこうと思う。地中熱とは、約5~200mぐらいの地下の低温熱エネルギーです。地下10mぐらいまでになると、大体地温は、年平均気温にほぼ等しくなる。つまり年間を通じて一定の温度になっている。四季がある日本において、夏と冬の外気温と地温お温度差で約15度差が生じてくる。つまり、夏は冷たく冬は温かくなる。この温度差を利用して、効率的に熱エネルギーの利用を行っているのだ。地中熱の利用は、実は今に始まったことではない。縄文時代に人々は、竪穴式住居で暮らしていた。これは地面を掘ってその上に屋根をつけることで、効率よく地中熱を活用している。そして、野菜などの食料を保存する方法として、「室」と呼ばれるものがある。地中熱を利用する長所は、まず日本中地面があるとこでは使えるという点で、特に火山国でもある日本は大いに活用出来るエネルギーだ。さらに節電、省エネとCO2排出量抑制が可能であるという点。そして、屋外に熱を排出しないので、ヒートアイランド現象を緩和できる点。最近では、地中熱ヒートポンプを使ったエアコンや、自然冷媒ヒートポンプ給湯器を見かけるようになってきた。まだ、規模は大きくないものの、環境を配慮出来るこの地中熱の利用は、是非とも力を入れて補助して欲しいエネルギーだ。

再生可能エネルギー

エクステリア

バイオガスとは、再生可能エネルギーであるバイオマスのひとつで、バイオマスを原料にメタン発酵の工程により生産されたガスや、生物の排泄物、有機質肥料などの発酵、嫌気性消化によって発生するガスのことをいう。

再生可能エネルギーの今後

雨漏り

自然エネルギーは天気や気候に大きく左右されるが、ライフラインが止まった時でも利用し続けることができるだろう。もしもの時の為に蓄電機器も一緒に利用しておくとより安心である。

利用方法は様々

家

太陽光発電システムを利用して発電した電力の使用用途は千葉でも人によって違う。自宅で利用する人もいれば売電する人もいるのだ。導入する時にはできるだけ導入コストを抑える為にも業者選びからこだわる必要がある。